IW級クイック問題(前半) - ウイスキー検定対策塾

ウイスキー検定対策塾
コンテンツに移動します
このクイックテストは、検定試験直前に短時間で知識を確認できるように作られています。
スマホ専用に制作していますが、勿論PCでも利用出来ます。
このテストは採点されません。
1問づつ問題を解いて答えを確認し、解説を読んで進んで下さい。
正解は、解答ボタンをクリックすると表示されます。また解説ボタンをクリックすると解説ページが表示されます。
※PCの場合は、カーソルを「解答」ボタンに乗せると答えが表示されます。

【問1】
アイルランドについて述べた次の文章で、正しいものはどれか。

アイルランド島の面積は約8万4,400k㎡で、これはスコットランドより少し小さいサイズである。
②アイルランド島にはUKの一員である北アイルランドと、アイルランド共和国の2つの国が存在し、それぞれの首都はベルファストとダブリンとなっている。
③アイルランド共和国は現在EUの加盟国で、通貨はユーロが用いられているが、イギリスのEU離脱を受け、今後ポンドが復活するものと思われる。
④アイルランド共和国の守護聖人はセント・パトリックだが、北アイルランドの住民の大半はプロテスタントなので、北アイルランドはイギリスと同じセント・ジョージが守護聖人となっている。
⑤北アイルランドにはジャイアントコーズウェイとニューグレンジの2つの世界遺産がある。
【問2】
アイルランドが北アイルランドとアイルランド共和国に分かれるきっかけになったのが、アイルランド自由国の成立だが、それはいつのことか。

1887年
②1906年
③1916年
④1922年
⑤1949年
【問3
U2が歌ったことでも有名になった「血の日曜日事件」が起きたのはいつのことか。

1949年  
②1956年 
③1966年  
④1972年  
⑤1981年
【問4
アイリッシュウイスキーの定義について述べた次の文章で正しいものはいくつあるか。

❶アイリッシュウイスキーはアイルランド共和国の蒸留所で糖化、発酵、蒸留を行ったもので、北アイルランドの蒸留所で造られたウイスキーはブリティッシュウイスキーとなり、アイリッシュウイスキーとは区別される。
❷大麦麦芽の酵素でデンプンの糖化を行うことが義務付けられていて、それ以外の天然由来の酵素を使うことは許されていない。
❸蒸留の上限度数は94.8%で、これはスコッチと同じである。
❹熟成は容量700リットルを超えない木製の樽と定められているが、スコッチと違って樽材はオークとは限定されていない。
❺最低熟成年数は3年だが、北アイルランドとアイルランド共和国の両方で熟成を行う場合は、それぞれの国で1年以上、合計4年以上が必要である。
0  
②1  
③2  
④3  
⑤4
【問5】
アイリッシュのグレーンウイスキーの定義において、スコッチのそれと異なる点は何か。

最低熟成年数
②蒸留機の制限
③大麦麦芽の上限比率
④瓶詰めの最低度数
⑤蒸留の上限アルコール度数
【問6】
アイリッシュウイスキーについて述べた次の文章で間違っているのはどれか。

アイリッシュにはポットスチルウイスキー、モルトウイスキー、グレーンウイスキーの3種があり、それぞれ1つの蒸留所で造られたものは、シングルポットスチルウイスキー、シングルモルトウイスキー、シングルグレーンウイスキーと名乗ることができる。
②アイリッシュのポットスチルウイスキーは、かつてピュアポットステルともいわれていたが、これはポットスチルを使った単式蒸留で、3回蒸留をしなければならないと決められている。
③モルトウイスキーはスコッチと同じ大麦麦芽100%のウイスキーのことだが、ピート麦芽を使うことも可能である。
④グレーンウイスキーは穀物を原料に蒸留したウイスキーだが、大麦麦芽の比率は30%以下と定められている。
⑤ポットスチルウイスキーはピート麦芽を使うことは許されていない。
【問7】
アイルランド共和国第2の都市で、郊外にミドルトン蒸留所があるのはどこか。

ウォーターフォード  
②ティングル  
③コーク  
④シャノン  
⑤ガロウェイ
【問8】
次の中でダブリンに所在しない蒸留所はどれか。ただし、これには閉鎖蒸留所も含まれている。

ジョンズレーン
②ブラックウォーター
③ピアースライオンズ
④トーマスストリ-卜
⑤フェニックスパーク
【問9】
アイリッシュのポットスチルウイスキーについて述べた次の文章で正しいものはいくっあるか。

❶ポットスチルウイスキーはポットスチルを使った単式蒸留(バッチ蒸留)をしないといけない。
❷大麦麦芽と未発芽大麦の混合比率はそれぞれ35%以上と定められている。
❸ライ麦、オート麦(ガラス麦)、小麦などの穀物を使う場合は、それらの合計が全体の10%までと定められている。
❹ポットスチルウイスキーはコフィー式スチルを使って蒸留することもできるが、その場合の上限アルコール度数は80%である。
❺ポットスチルウイスキーの原料である大麦麦芽はアイルランド産に限られる。
0 
②1  
③2  
④3  
⑤4
【問10】
右のアイルランドの地図の中からキルベガン蒸留所がどれに当たるか、その番号を答えよ。


【問11】
カネマラを造っている蒸留所の所在地を、右の地図の中から選び、その番号を答えよ。


【問12】
次の蒸留所の中で最も北に位置するのはどれか。

ウェストコーク
②ティングル
③ウォーターフォード
④ロイヤルオーク
⑤グレートノーザン
【問13】
1900年頃に全盛をきわめていたアイリッシュウイスキーだが、その後様々な要因により衰退していくこととなる。以下にその要因を挙げるが、これらを年代順に古いものから並べるとどれが正しいか。その番号を答えよ。

A.第2次大戦中に、国内消費確保のため輸出を禁止した。
B.アメリカ禁酒法解禁による需要に対応できなかった。
C.アイルランド自由国成立。これにより、大英帝国の商圏から締め出しを受ける。
D.ロイヤルコミッションの裁定により、グレーン(ブレンデッド)ウイスキーもウイスキーとして認められる。
D➡C
②D
③C
④B
⑤C
【問14
右の写真はどこの蒸留所のものか。



①ボウストリート
②パワーズコート
③ブッシュミルズ
④グレートノーザン
⑤キルペガン
【問15
右の写真はどこの蒸留所のポットスチルか。



①クーリー
②ピアースライオンズ
③ミドルトン
④タラモア
⑤スレーン
【問16】
右の写真はどこの蒸留所のポットスチルか。



①キルオーウェン
②ボアン
③ティングル
④ウェストコーク
⑤ダブリンリハディーズ
【問17】
ダブリンの関税局長を務めていたイーニアス・コフィーが連続式蒸留機を発明(実用化)し、14年間のパテントを取ったのはいつのことか。

1826年  
②1831年  
③1846年  
④1860年  
⑤1887年
【問18】
アイルランドの守護聖人である聖パトリックを偲ぶ、セントパトリックスデーはいつか。

2月21日
②3月17日
③5月25日
④9月8日
⑤11月29日
【問19】
クーリー蒸留所について述べた次の文章で正しいものはどれか。

もとは国立のケミックトー蒸留所で、1987年にシャッタ・ティーリング氏がそれを買い取り、モルトウイスキー蒸留所に改造した。
②モルトウイスキーの生産は1989年からで、最初はターコネル、その後カネマラなどをリリースした。カネマラはアイリッシュ初の、アイルランド産ピート麦芽を使ったウイスキーとなっている。
③クーリーが1988年に買収したのがキルペガンのロックス蒸留所で、ここはかつてブルスナ蒸留所と呼ばれていたところである。
④2011年にアメリカのブラウンフオーマン社が買収したが、その3年後の2014年にサントリーが買収している。
⑤クーリー蒸留所では現在モルトウイスキーとグレーンウイスキー、そしてポットスチルウイスキー、さらにライウィスキー、ジンなどを造っている。
【問20】
ブッシュミルズは1608年に蒸留免許が与えられた「世界最古の蒸留所」といわれるが、この時、土地の領主に蒸留免許を与えたイギリスの国王は誰か。

ジェームズ1世  
②エリザベス世  
③チャールズ
④ジョージ世   
⑤ジョニジ4世
【問21】
ブッシュミルズは1885年に火災に遭い、その後現在の姿に建て替えられている。この時デザインを手掛けたスコットランドの著名な建築家は誰か。

デルム・エヴァンス
②トーマス・テルフォード
③ロバート・スタイン
④チャールズ・ドイグ
⑤ジェームズ・スティーブンソン
【問22】
ブッシュミルズ蒸留所の現在のオーナー会社はどこか。

ディアジオ
②ベルノリカール
③ホセ・クエルボ
④レミーコアントロー
⑤ビームサントリ-
【問23】
キルペガン蒸留所について述べた次の文章で正しいものはどれか。

もともとシャノン川の畔にあることからシャノン蒸留所と呼ばれてきた。
②1843年にジョン・ロックが買収してからロックス蒸留所と呼ばれてきた。
③閉鎖された(製造中止)のは1973年のことで、その後ポットスチルなどは売却されてしまった。
④閉鎖された当時、ポットスチル2基で2回蒸留のモルトウイスキーを造っていた。
⑤現在はビームサントリーの系列で、2回蒸留のモルトウイスキーのみを造っている。
【問24】
アイルランド共和国のダンダークに創業したグレートノーザン蒸留所は、元は何を造る工場だったか。

ビール  
②ポチーン  
③ジン  
④バター  
⑤チーズ
【問25】
ダブリンの「ビッグ4」といわれたのはジェムソンとパワーズとマローボーンレーン、そしてもうひとつはどこか。

ジョン・ワット
②コールレーン
③トーマスストリート
④セント・ジェームズ
⑤コンバー
【問26】
アイリッシュの「ダンヴィルズ」は現在どこの蒸留所で造られているか。

キルオーウェン
②ブッシュミルズ
③レイデモンエステート
④エクリンヴィル
⑤クーリー
【問27】
ティーリング社が2015年にダブリンに創業した蒸留所は何という地区に建てられたか。

テンプル地区
②トリニティー地区
③ボウストリート地区
④リハディース地区
⑤ロイヤルマイル地区
【問28】
DCL社が会社設立の翌年の1878年に、ダブリンに建設した蒸留所はどれか。

ボウストリート
②ジョンズレーン
③タラモア
④リバティーズ
⑤フェニックスパーク
【問29】
タラモア蒸留所について述べた次の文章で正しいものはいくつあるか。

❶タラモア蒸留所は1829年にキルベガン町に創業した蒸留所で、当時ロック家が運営していた。
❷タラモアデューというブランド名は、19世紀後半にオーナーとなったダニエル・E・ウィリアムスがつけた名前で、デューは自身の名前の頭文字を取ったもの。
❸アイリッシュウイスキーとしてはジェムソン、ブッシュミルズに次ぐ第3位の売上げを誇っている。
❹2010年にタラモアのブランド権を買収したのがスコッチのグレンフアークラス社で、2014年に新生タラモア蒸留所を稼働させている。
❺タラモア蒸留所が現在造っているのはモルトウイスキーとポットスチルウイスキーの2種類だけである。
0  
②1  
③2  
④3  
⑤4
【問30】
ミドルトン蒸留所について述べた次の文章で正しいものはどれか。

ミドルトン蒸留所はミドルトンの町に1825年、地元のパディー兄弟によって建てられた。
②1975年3月まで稼働していた旧ミドルトン蒸留所は、現在ジェムソンのヘリテージセンターとして多<の観光客を集めている。
③旧ミドルトン蒸留所で稼働していたのが容量約15万リットルの、当時としては世界最大のポットスチルで、これは主にグレーンウイスキーの蒸留に使われていた。
④コールレーンは新ミドルトン蒸留所が造るポットスチルウイスキー100%の製品である。
⑤新ミドルトン蒸留所には旧ミドルトンで稼働していたのと同じ、容量15万リットルの巨大なポットスチルと連続式蒸留機があり、年間約6500万リットル(100%アルコール換算)のウイスキーを造る能力がある。
【問31】
蒸留所、およびブランド、オーナー企業の組み合わせで正しいものはどれか。

スレーン―ビームサントリー
②ランベイ―バカルディ
③パディー―カンパリ
④カネマラ―ディアジオ
⑤パワーズ―ペルノリカール
【問32】
ブッシュミルズ、クーリー、スレーン、ウェストコークの4つの蒸留所を緯度の高い順に並べると、どれが正しいか。

ブッシュミルズ―スレーン―クーリー―ウェストコーク
②ウェストコーク―クーリー―スレーン―ブッシュミルズ
③ブッシュミルズ―クーリー―ウェストコーク―スレーン
④クーリー―ブッシュミルズ―スレーン―ウェストコーク
⑤ブッシュミルズ―クーリー―スレーン―ウェストコーク
【問33】
野外ロックコンサートで有名な城の敷地内に2017年にオープンした蒸留所はどれか。

ボアン
②スレーン
③キルオーウェン
④ナッポーグキャッスル
⑤パワーズコート
【問34】
ランペイ島とランペイウイスキーについて述べた次の文章で正しいものはどれか。

ランペイ島はベルファストの北東沖に浮かぶ小さな島で、銀行家として有名なベアリング家が代々所有してきたプライベートアイランドである。
②ランペイのシングルモルトはウェストコーク蒸留所で造られた原酒をランペイ島に持ってきて、カミュの樽で後熟を施したものである。
③原酒はティンダル蒸留所で造られたものだが、シングルモルトはランペイ島に運び、海のそばの熟成庫でフレンチオークのヘネシーの樽でフィニッシュさせたものである。
④ランベイ島は海鳥の棲息地としても知られ、毎年15万羽近くが飛来する。ランベイウイスキーのラペルにギースが描かれているのは、そのためである。
⑤島には、かつて動物園で飼われていたカンガルーが放し飼いにされている。
【問35】
以下の文章はアイルランドの蒸留所について述べたものである。これにあてはまる蒸留所はどこか。

1757年に設立。 1850 年頃から1920年代までリバプールなどで人気を博していた。
1953年に製造は中止され、その後は博物館となっていたが、2007年3月に蒸留器1基が導入され、生産を再開した。

タラモア
②ブルスナ
③ブッシュミルズ
④ナンズアイランド
⑤トーマスストリート
【問36】
ダブリンのリハディース地区に2017年にオープンしたピアースライオンズ蒸留所は、もともとケンタッキー州のレキシントンでバーボンとモルトウイスキーを造っていた会社が創業したものだが、そのレキシントンの蒸留所は何というか。

ケンタッキータバーン
②ウィレット
③ライムストーンブランチ
④タウンブランチ
⑤オールドレキシントン
【問37】
次の中でアイリッシュウイスキーでないものはどれか。

ライターズティアーズ
②アイリッシュマン
③ダブリンリハディース
④イーガンズ
⑤ストラナハン
【問38】
次の中でアイリッシュのシングルモルトはどれか。

ブラックブッシュ
②パディ
③ジェムソン
④ミドルトン・ベリーレア
⑤カネマラ
【問39】
次の中でアイリッシュのポットスチルウイスキーはいくつあるか。

・レッドブレスト 
・インチデアニー 
・エデンミル 
・ターコネル
・コールレーン 
・グリーンスポット 
・タラモアデュー 
・パディー  
・ワイルドギース

0  
②1  
③2  
④3  
⑤4
【問40】
ミドルトン蒸留所は多くのブランドを持っているが、次の中でミドルトンが造っていないブランドは何か。

ジェムソン
②パワーズ
③レッドブレスト
④ロー&コー
⑤メソッド&マッドネス
【問41】
ダブリンの大手生産者がスコットランドのブレンデッド業者に対して、ポットスチルウイスキーの純粋性、正当性をアピールするために発行した小冊子はどれか。

The Original Guide to lrish Whiskey  
②The Art of Irish Whiskey
③Truths About Whisky 
Irish & Water 
⑤Irish Whiskey True Story
【問42】
『The Whisky Distilleries of theUnited Kingdom』を書いたアルフレッド・バーナードがその本の中で言及したアイルランドの蒸留所はいくつか。

①12 
②16 
③22 
④25 
⑤28
【問43】
次の中でアイルランド出身の作家でない者は誰か。

W.Bイェーツ
②バーナード・ショー
③ジェイムズ・ジョイス
④JM.シング
⑤アーサー・コナン・ドイル
【問44
『ガリバー旅行記』で知られるジョナサン・スウィフトが司祭を務めていたダブリンの教会はどこか。

トリニティー教会
②セント・ジェームズ大聖堂
③テンプル教会
④リリパット教会
⑤セント・パトリック大聖堂
【問45】
次の中でアイルランドが舞台の映画でないものはどれか。

マイ・レフトフット
②ライアンの娘
③静かなる男
④マイケル・コリンズ
⑤わが谷は緑なりき
【問46】
次の中でアイリッシュの蒸留所、あるいはブランドはいくっあるか。

・アビンジャラク 
・ライムストーンブランチ 
・エンジェルズエンヴイ 
・ロー&コー
・クワイェットマン 
・ダンヴィルズ 
・ノックニーアン 
・コッツウォルズ
・アイル・オブ・ワイト 
・ポール・ジョン

1つ  
②2つ  
③3つ  
④4つ  
⑤5つ
【問47】
ダブリンのトリニティーカレッジに保管されている聖書で“人類の宝”とも称されるのは何か。

レッドブック  
②ケルズの書  
③ルーンの聖書
④タラの聖典  
⑤アークの書
【問48】
アイルランドで古<は密造酒を意味し、現在は木樽での熟成を施さない蒸留酒をさす言葉として、地理的表示(G.I.)にも指定された酒は何というか。

リキッドルビー
②ウスカバッハ
③マウンテンデュー
④ポチーン
⑤ムーンシャイン
【問49】
アイリッシュを使ったカクテルといえばアイリッシュコーヒーが有名だが、これはもともとどこで考案されたカクテルか。

ダブリンの劇場
②シャノン空港  
③タラモアのパブ
④コークの老舗パブ  
⑤タイタニック号の1等ラウンジ
【問50】
以下の文は、アイリッシュウイスキーをベースにしたリキュールについて述べたものだが、それは何か。

アイリッシュウイスキーに10数種のハープ抽出エキスと、蜂蜜を入れたもので、1948年に昔のレシピがみつかり、その後製品化された。

ドランブイ
②ムーンシャイナー  
③ベイリーズ
④アイリッシュミスト  
⑤アソールブロス


BAR Chip In
〒160-0007 東京都新宿区荒木町8
カインドステージ四谷三丁目102 
Tel 03-5357-7878
copyright©2016 Chip In Bar. all rights reserved.
コンテンツに戻る